親知らずは抜いた方が良いのか?

親知らずは抜いた方が良いと聞いたことがあると思いますが、必ずしも抜かなければいけない歯ではありません。
多くの方は親知らずの抜歯に抵抗がある為なるべくなら抜かずに残しておきたいとお考えだと思います。
では、どのようなどのような親知らずを抜くべきで、どのような親知らずを残しても良いのかについてご紹介します。

抜くべき親知らず

  • 親知らずが斜めや横向きに生えている場合
    親知らずがまっすぐ生えていない場合はそこに食べ物などのカスがたまりやすくむし歯や歯周病の原因となります。
    また他の歯を押してしまう事で歯並びを悪くしたり、歯を弱くしてしまう原因にもなります。
     

  • 親知らずが上下どちらかしか生えていない場合
    親知らずが綺麗に生えていても上下どちらかだけの場合歯が伸びてしまいます。
    歯が伸びると噛んだ時に反対側の歯茎にあたり炎症を起こしてしまう可能性があります。
     

  • 親知らずがむし歯や歯周病になっている場合
    親知らずは歯磨きがしずらい為、むし歯や歯周病になりやすい歯です。
    親知らずがむし歯や歯周病になると周りの歯にも影響を与えてしまう原因となります。
    軽度なむし歯や歯周病の場合は治療をして残す事も可能です。

抜かなくてもよい親知らず

  • 親知らずが上下綺麗に生えており歯として機能している場合
    他の歯と同様に歯が機能しているのであれば無理に抜く必要はありません。

     

  • 完全に埋まっていて他の歯に影響が無い場合
    完全に埋まっていて手前の歯に対しても影響が無い場合は無理に抜く必要はありません。

     

  • 親知らずの手前の歯が無い場合
    親知らずの手前の歯が何らかの影響で抜歯をしなければいけない場合、かみ合わせが悪くなってしまいます。
    その場合は歯科矯正で親知らずを手前に移動することで抜歯した歯の代わりにすることができる場合もあります。

親知らずの抜歯後は痛いのか?

親知らずの抜歯が痛いか痛くないかは歯の形状にもよります。
親知らずがまっすぐ生えていて抜くのが簡単な場合は10分程の治療時間で終わり抜歯後の痛みはほとんどありません。ですが、親知らずが斜めや横に生えている場合や歯の根っこが斜めに曲がっている場合などは治療時間が長くなり、抜歯後に痛みが発生する場合もあります。そのような場合でも抜歯後の注意点を抑えておけば痛みが極力出ないような状態にできます。

  • 止血をしっかりとする
    抜歯後は血が出るのでしっかりとガーゼを噛んで止血をしてください。
    止血をすることでかさぶたのようなものができ細菌の流入を防ぎます。
     

  • 抜歯後に指や舌で抜歯をした場所をいじらない
    抜歯後にできたかさぶたを剝がしてしまう原因にもなるので指や舌でいじらないようにしましょう。
     

  • 血流が良くなるような行動を控える
    入浴、運動、マッサージ等の血流の良くなる行動は控えましょう。
    抜歯後にはなるべく安静できるようにスケジュールを調整していただくことをおススメします。
     

  • 食事に気を付ける
    抜歯後の食事は辛い物など刺激のあるものは避けて、消化の良い物にしてください。
    またなるべく抜歯した反対側の歯で噛むようにしましょう。

    詳しくは抜歯後の注意事項をご参照ください。

抜歯についてご相談下さい

抜歯について不安なお客様のお話を伺い抜歯をする必要があるのか、どのような抜歯方法が最適なのかをご説明いたします。例えば親知らずの抜歯の場合はしっかりと生えている場合と埋まっている場合があります。埋まっている場合レントゲン撮影を行い親知らずが顎の神経と繋がっていないかなどを調べる事が可能です。

抜歯についてのご相談は無料でできますので是非ご相談下さい。

*ご相談は無料ですが初診料200バーツがかかります。またレントゲン撮影が必要な場合は別途費用が掛かります。