• Admin

矯正中の口腔ケア

最終更新: 4月2日

矯正中は装置がついているために食べかすが矯正装置の周りに詰まりやすく、虫歯や歯周病の原因になります。歯を健康的に保つためにしっかり正しく歯を磨きましょう。矯正中の口腔ケアに必要なアイテムは以下にまとめました ♪


① 歯ブラシ

普通の歯ブラシだと、ブラケットと歯肉の間に毛先を当てるのは困難です。ブラシがV字型になっているものを使用しましょう。

歯磨き方

⑴ 歯ブラシを歯面に垂直に当て小刻みにうごかしましょう。

⑵ 歯ブラシを45度に傾けてワイヤーの上部を磨きます。

⑶ 上部と同じく、歯ブラシを45度に傾けてワイヤーの下部を磨きます。

1ヶ所2〜3本の歯を対象に、10回位ずつ細かく振動させましょう。



② ワンタフトブラシ

ワンタフトブラシとは毛束が一つのタフトブラシです。 コンパクトなヘッドで、磨きにくい奥歯や装置の周りも集中ケアできます。



使い方* 歯と歯ぐきの境目歯垢が残りやすいところです。磨き残しが停滞し歯ぐきに炎症が起きてしまいます。 ワンタフトブラシで毛先を歯と歯ぐきの境目にあて、歯ぐきのラインに沿わせるように磨きましょう。複雑な装置の周りや奥歯の清掃にもタフトブラシが便利です。



③ 歯間ブラシ

歯間ブラシは、歯ブラシやワンタフトブラシでは落としきれない、歯間や装置周りのプラークを除去します。



使い方

ワイヤーの内側に歯間ブラシをくぐらせて、ブラケットの溝の汚れを取り除きます。前歯に柄の短いタイプ、奥歯には柄の長いタイプが便利です。




④ フロススレッダー

矯正装置や歯の裏側に固定のワイヤーをつけている患者さんがフロスを使うために使用するものです。


使い方

フロススレッダーの輪の部分にデンタルフロスをかけて歯のすきまからフロススレッダーの棒の部分を入れてデンタルフロスをワイヤーから下の部分の歯と歯の間に通します。ワイヤーから上の部分の歯と歯の間は通常のデンタルフロスの使い方で行って下さい。

56回の閲覧
lineit_display_btn_03.png
  • Facebook
  • Instagram
  • line

©️ Somsak and Dussadee Co.,LTD