​インビザライン とは?

インビザライン(Invisalign)とは、透明のマウスピースを装着して行う歯科矯正です。この治療方法は従来のワイヤー矯正に比べて目立たない事から人目が気になる人でも気軽に治療を行うことができます。また簡単に取り外しができる為、装置を取り外して食事をすることもできます。この治療方法は1999年に米国アライン・テクノロジー社によって開発された治療方法で、現在までに450万人以上の方がこの治療を受けています。マウスピースはお口の状態に合わせてオーダーメードで作成される為、どのような歯並びの方でもスケジュールに合わせて治療すれば綺麗で健康的な歯並びを実現することが可能です。

​治療の流れ

1. 無料相談 (約30分)

歯並びやかみ合わせの状態を拝見させていただき、インビザライン治療の詳細や治療期間・費用の目安などについてご説明いたします。

無料カウンセリングウエブ予約はこちらから>>

2. 精密検査を行います

インビザライン治療をご希望の方、より詳細な診断をご希望の方には、インビザライン矯正の精密検査を行います。 歯並びやかみ合わせ、虫歯・歯周病の有無、顎の状態を精密に調べるために、レントゲン撮影や写真撮影、歯型・かみ合わせの記録などを採ります

3. iTeroスキャニング

インビザラインは通常よりも非常に精密な型取りを行います。通常であればシリコンを使って型をとるため約1時間かかりますが、当院では光学式口腔内スキャナーを導入しているため、苦痛が少なく、正確でスピーディな型取りをすることができます。

iTero スキャニングの詳しいについて>>

4. 詳細な治療計画を作成します

インビザライン矯正治療では、「クリンチェック」と呼ばれる3Dシミュレーションソフトを使用して、歯をどのように動かして歯並びをきれいにしていくか検討します。最終的な歯並びの状態や治療期間、費用、抜歯や歯の切削の有無など、患者様のご要望をふまえて、適切な治療計画・治療シミュレーションを作成します。3Dシミュレーション動画を実際に見ていただき、最終的な歯並びの状態や治療の流れを確認していただきます。

5. 矯正治療を開始します

クリンチェックのデータから、治療に必要なすべてのインビザライン「アライナー」がオーダーメイドで製作されます。約1ヵ月後、マウスピースが完成した段階でご来院いただきます。マウスピース型の矯正装置 インビザライン・アライナーを装着して矯正治療がいよいよスタートです。アライナーの着脱の練習や、アライナーのお手入れについてご説明いたします。

6. 保定期間

歯を動かす期間(動的矯正期間)が終了した後は、きれいに並んだ歯並びを維持させるために保定装置(リテーナー)を製作・装着します。

​インビザラインの特徴

目立たない

インビザライン矯正の一番のメリットは、装置が目立たないことです。 薄く透明に近い、医療用プラスチック製の装置は、装着していても着けていることがほとんど分かりません。インビザライン矯正は、治療中の見た目が気になる方、人と接する機会の多い方などにおすすめ。

外し可能

他の矯正装置とは違って、患者さまご自身の手で取り外しができることが大きな特徴のひとつ。インビザライン矯正は、食事の時には取り外すことができるので、装置に食べ物が詰まる心配なく、治療中も普段通りに食事ができます。

通院頻度が少ない

インビザライン 治療中は2週間に1回、マウスピースを自分で新しいものに取り替えるだけ。通院は2〜3ヶ月に1回でいいので、海外を行ったり来たりする方や、子育て中でなかなか時間が取れない方におすすめ

痛みが少ない

インビザライン型の矯正装置は金属を使用せず、また、段階的に歯を動かしながら歯並びを矯正するため、従来の矯正方法と比べて痛みが少なく、唇や口の中の粘膜などを傷つけてしまう心配がありません。治療期間中に装置が歯から外れてしまうなどの。緊急性が少ないことも特徴のひとつです。

​インビザライン治療例
 治療前
 治療後
当院は初診カウンセリングを無料で行っておりますので、 
インビザライン が気になる方は、まずは相談をしましょう。
矯正初診カウンセリング
30 分
無料 (初診料200B)

インビザラインについてよくある質問

インビザラインは一日どのくらい装着するのですか?


1日の使用時間は約20~22時間です。食事する時や歯磨き時を除き、常に装着しているのが望ましいです。長時間外してしまうと、治療期間が長期化する可能性があり、望まれる治療結果の実現性に影響を与える場合があります。




治療中の痛みはありますか?


従来型のワイヤー矯正治療に比べると痛みは格段に少ないですが、新しいステージのマウスピース(アライナー)に交換した後に、歯の圧痛を経験する場合があります。痛みの感覚には個人差がありますが、通常その症状は2〜3日で良くなります。




治療中に歯の表面に付いてある白い物は何ですか?


インビザライン治療中に歯の表面に付いている白いポッチは「アタッチメント」と言います。アタッチメントは、インビザラインが歯にしっかりと固定され、歯を動かすための圧力がかかるように、歯の表面に設置する突起物です。歯の色に近い色ですからあまり目立ちません。治療の後にアタッチメントを綺麗に撤去します。 アタッチメント




インビザラインを装着すると喋りづらいですか?


装着直後に一時的に発音に影響を与える場合がありますが、通常1週間以内に慣れて通常通りに会話することができます。




通院頻度はどのぐらいですか?


インビザライン治療中は、マウスピースを自分で新しいものに取り替えることができるため、従来型の矯正治療に比べて通院頻度が少ないです。2〜3ヶ月に1回で通院できることから、海外へ行ったり来たりする方や忙しくてなかなか時間が取れない方におすすめです。




インビザライン治療で歯を削る事も必要ですか?(IPR)


矯正治療の歯を並べるためにスペースが必要です。IPRはスペースを確保するための一つ方法であります。 IPR (Interproximal Enamel Reduction) とは歯の隣接部を削合し、歯のサイズを小さくすることであります。IPRで削るのは歯と歯が接している部分を片面づつ約0.2mmで、エナメル質の厚みの3分の1以下です。研究結果よりIPRが原因で歯が悪くなったり、むし歯になるという報告はありません。また、インビザライン治療で歯を削る場合は、すべてコンピュータで削る量を計算するため、必要な量だけスペースを獲得することができます。




インビザライン治療中に帰国するとどうなるのですか?


インビザラインの治療期間中に帰国することになって通院ができなくなった場合でも、転院して治療を継続することができます。インビザライン製造会社のアライン・テクノロジー社は患者様をシリアル番号で管理しているため、転院先の歯科医院がインビザライン治療を行っていれば、患者様の治療情報を譲渡することが可能です。帰国や引っ越し予定がある方は、カウンセリング時にぜひ相談してください。





lineit_display_btn_03.png
  • Facebook
  • Instagram
  • line

©️ Somsak and Dussadee Co.,LTD